非公開求人の理由

非公開求人の理由

非公開求人とは、企業が求人を一般公募にせず、特定の人材紹介会社に紹介を依頼する求人のことをさします。
このような企業が求人を非公開にする理由には大きく5つの理由があります。

 

1、超人気企業による人材募集
 超人気企業の場合、求人を一般公開すると応募が殺到し書類選考だけでも膨大な時間と手間が必要になります。社名を公開したことで企業に直接問い合わせが殺到することも。採用枠が数名なのに問い合わせだけで1000件もあったら、対応するだけで大変です。そこで、選考の時間と手間を省くために、人材紹介会社を経由することで、応募者のスクリーニングを行い採用の効率化をしているのです。非公開求人には、このケースが一番多いです。

 

2、新規事業参入に伴う人材募集
 企業では新事業・新プロジェクトの立ち上げにあたって、表立って求人を募集できない場合が多くあります。そのため極秘に採用活動を行える人材紹介会社に求人を依頼することがあります。
3株式公開に伴う人材募集
 上場が視野に入ってきたベンチャー企業には株式公開を経験した人材や上場企業での様々な経験を有している人材が不足している場合が多くあります。公開がほぼ決まっていても、そのための人材を表立って募集することができないため、人材紹介会社を経由して極秘に人材を募集します。

 

4、専門性の高い人材の募集
 求めるスキル・経験が非常に特殊で限定的な専門人材が必要な場合、通常の公開求人では費用対効果が悪いケースが多々あります。そのため人材紹介会社を活用して効率的に専門人材の募集をかけます。

 

5、急遽発生した需要による人材募集
 急な欠員や増員などで、通常の採用フローでは間に合わず短期間で優秀な人材を募集したい場合、人材紹介会社を通じて採用を行う場合があります。
以上が、非公開求人が発生する理由です。人材採用は企業にとって大事な戦略の一つ。採用動向はライバル企業もチェックしているので会社としての戦略が漏れるのは望ましくありませんし、採用強化の情報がオープンになると企業イメージを損なう可能性もあるため慎重に極秘で行う必要があります。こうしたことから、一般の転職サイトや転職情報誌などに掲載されていなくても人材紹介会社には非公開求人として依頼が来ていることが多いのです。大手人材紹介会社には営業力やブランド力、企業とのコネクションの強さから多くの非公開求人が集まります。非公開求人は、人材紹介会社経由でしか情報を得ることができず紹介もできないために、これは大手人材紹介会社の強みと言えるでしょう。

 

トップページに戻る