35歳からの転職

35歳からの転職

転職活動を見ると必ず出てくる「35歳転職限界説」。これは、35歳を過ぎると転職が難しくなるボーダーラインという意味で使われているのですが、本当に35歳を過ぎると転職が困難になるのかどうか検証してみたいと思います。
 求人に求められる要件を年齢だけでカテゴライズすると下記のような区切りが見えてきます。

 

20代前半まで
第二新卒。経験は問わずポテンシャルがあることが重要。

 

20代中頃から20代後半まで
社会人としての基礎が出来上がっており、ある程度責任のあ る仕事が任せられる

 

30代前半から30代中頃まで
部門やプロジェクトなど小単位のリーダー足りうる潜在能力があること。もしくはある専門分野に特化したスペシャリストであること。

 

30代後半
リーディングマネージメント層。部下をとりまとめて、組織をマネジメントしてきた実績・能力があること。

 

40代
マネジメント層(上級課長、部長)。経営の視点も踏まえて組織を導いてきた実績・能力があること。

 

50代
リーディングマネジメント層(上級部長、本部長)。将来の役員候補となれる実績・能力が備わっていること。

 

あくまでキャリアモデル事例なので参考までに。当然上記のモデル事例から外れるような事例も多数あります。外資系などは転職が当たり前なので、上記のような型にハマった一般的なモデルはございません。

 

 

 これらを見てみると、35歳というのは、単なる仕事のスキルだけでなく、組織を纏めるマネジメント能力まで見られはじめるというターニングポイントであることが分かります。ですので、所謂「35歳転職限界説」は世間で誤解されているような「35歳以上は転職ができない」という意味ではなく、「35歳すぎると、仕事ができるだけでなく、組織のマネジメント能力やヒューマンスキルなども必要です」という意味であることが分かります。
 ただし、業界や職務を変えようとする場合であれば、企業にとっても「わざわざ教育が必要な35歳をとりたくない」というのが本音のところでもあります。教育にはコストが掛かります。35歳をすぎて、業界や職務を変える転職は難しいと言えるので、ある意味で転職のタイムリミットという見方もできるでしょう。
 また、35歳を過ぎた転職の場合、「部下は何人くらいいましたか」「どのような考えがあって指導されていましたか」など、部下を取り纏めてきた実績に関する質問が増えてくると言われています。部下を持った経験がない方は、ここで「部下を持った経験はないのですが」と一言断わった上で後輩の指導経験の話をすると良いでしょう。属している会社の規模によって、同じ年齢で求められる役割の違いはあるものです。嘘を付かず、正直に代替案となれる話題を振って自分のアピールポイントに繋げることが大事です。

 

トップページに戻る