キャリアアドバイザーと良い関係を築くのが得策です!

キャリアアドバイザーと良い関係を築くのが得策です!

 

転職エージェント(人材紹介)に登録後、担当キャリアアドバイザーさんが付いていただけます。

 

通常は、登録後に一度は面談する事が多いのですが、お住まいの地域の周辺に転職エージェントの営業拠点が無い場合や、エントリーシートを見て現在紹介できそうな求人が無い場合などは面談が無い事もあります。

 

キャリアアドバイザーから面談のオファーがあった場合などは面倒臭がらず、必ず面談してください

 

相手も人間ですから多かれ少なかれ感情があるので一度合ってる方とそうで無い方とでは対応が違ってきます。

 

キャリアアドバイザーは、
常時数十~数百人の応募者を担当してるため、
少しでも好印象を持っていただけると良い求人情報を紹介してもらえる確率が上がります。
例えば、なかなか入って来ない超優良求人が入荷した際など、印象深い方から順に紹介するケースが非常に多いです。
担当アドバイザーさんと良好な関係は、良質な求人情報を入手するといった点でも非常にアドバンテージとなります。

 

キャリアアドバイザーはクライアント企業(広告主)に紹介する立場にあるので、一度実際に面談した方の方がクライント企業に紹介する際に迷いが無くなります。
一度でも面談をする事で人柄や特徴を把握できるため優先的に紹介してもらえる可能性が高くなると考えて間違いありません。

 

自分がアドバイザーの立場だと想像していただけると分かりやすいのですが、面識がある方の方が自信を持ってクライアントに提案できるのは当たり前ですよね。アドバイザーからすれば、ミスマッチは極力避けておきたいため、できるだけ応募者の正確な情報を知りたがっております。

 

もし、
「できれば一度面談させていただきたいのですが、お住まいのエリアの近くに営業所が無いのでメールベースで進めても問題ありません」的な回答が来た場合は、実際に面談に行ける範囲のエリアであれば、迷う事無く、「いえ、一度面談をさせてください」と切り返してなんとか担当アドバイザーと面談を実現してください。
逆に、遠路から足を運んでいただいた応募者の方は転職に真剣である。と評価していただける事が多く、面談時にアピールが成功すれば、良い求人情報を優先的に紹介してもらえる可能性が高くなります。
逆境がかえってアポール材料になるのは転職エージェントの活用でも当てはまる法則です。

 

 

登録した転職エージェントの担当アドバイザーさんとどうしても性格的に合わないなど、不満がある場合もあります。
そんな場合は無理をせず、他の転職エージェントに登録する事をお勧めします。
担当アドバイザーさんを交代する事もできますがやはりなんとなく気まずい感じになってしまうのは仕方無いため、だったら他の転職エージェント登録して、一から始めてみましょう。
転職エージェントが違えば担当アドバイザーさんが変わるのは当然ですが、保有してる求人もかなり異なるため、これまで諦めかけてた希望の求人が別の転職エージェントに登録した途端に見つかったなんて事はザラにあります。

 

いずれにせよ、
どの転職エージェントに登録するにしても、担当キャリアアドバイザーとの良好な関係構築は転職活動にとってかなり大きなアドバンテージとなるのは変わらないので、転職エージェントのアドバイザーさんとは極力良好な関係を築く事をお勧めします。

 

 

トップページに戻る