転職エージェント(人材紹介会社)のクチコミ評判ランキング!

狭き門?!WEBデザイナーの転職についての考察

インターネット全盛の時代の到来とともに、華やかな脚光を浴びるようになった職種は数限りなく存在していますね。そのひとつに、「webデザイナー」があります。

 

それでは、「webデザイナー」とはどのような職業なのか、詳しく調べてみることにしましょうね。

 

「web」デザイナーとは、簡単に言ってしまうと「webサイト(ホームページ)の作成を行う人」です。ですが、その作成方法は様々です。

 

日本国内では、1996年に日本IBM社により、「ホームページビルダー」というホームページ作成ソフトが開発されました。それ以来、老若男女を問わず、人々の関心は「ホームページ作成」に集まるようになりましたね。

 

また、さらにソフトの開発が進み、現在ではAdobe(アドビ)社の「ドリームウィーバー」というホームページソフトや、ワードプレス(マイクロソフト社)などを用いたホームページ作成方法などが主流となっています。

 

そこで、これから「webデザイナー」を目指したい、あるいは「webデザイナー」として転職を考えているという方へ、企業が「webデザイナー」に求めるスキルについて、お話をさせて頂きます。

 

現在、企業が最も求めているものは「ドリームウィーバー(ホームページ作成ソフト)」、「フラッシュ(動画作成ソフト)」、「イラストレーター(イラスト作成ソフト)」、「フォトショップ(画像加工処理ソフト)」に精通していること。

 

また、「ドリームウィーバー」に限らず、HTMLまたはXHTMLの知識は、特に必須となります。

 

そして、肝心な募集内容についてのお話です。
例えば企業が「webデザイナー募集」として、求人を行っているとしましょう。この場合、企業がどのような人材を求めているのか知ることが、まずは先決ですね。

 

というのは・・・。大規模な企業においては、「デザインを決める人」、「コードを入力する人」、「アニメーションを作成する人」、「画像の加工処理を行う人」、「イラストを作成する人」が、それぞれの持ち場で1つのサイト作成の作業を分担している場合があるからなんです。

 

また、零細などの企業では、「webデザイナー」が上記の一連の作業を1人で行うことも珍しくなく、1から10まで、手作業でコードの入力(タグ打ち)を行う場合もあります。

 

たとえソフトの知識がなくとも、コードを手作業で入力できる方は、どのような場合でも大変有利ですね。

 

最後に、「webデザイナー」の求人募集に応募する際の注意事項についてのお話をしておきましょう。

 

デザインの世界は、知識とセンスの塊であると言っても過言ではありません。応募の際に、あなたの作品を提示することにより、合格率は格段にアップしますよ!

 

 

トップページに戻る