転職エージェント(人材紹介会社)のクチコミ評判ランキング!

転職エージェントもビックデータの時代に突入!

これまでは大手も含めてほとんどの転職エージェントで、CAの勘と経験に頼ったマッチングが主流でしたが。2013年中盤あたりから大手を中心にマッチングの精度を高める目的で、ビックデータ環境を整えつつあります。

 

人材業界のビックデータでは、ムーアの法則に従いあらゆるITコストが軽減した恩恵を活かして大量のデータかた的確なマッチングを導きだす高度な統計手法を用います。(余談ですが今後もITの性能は年々増す事が予測できるため、これまで考えられなかった精度であらゆる事の予測やマッチング精度が高まるかと思います。)

 

これまでの転職エージェントは案外アナログな手法で、応募者と採用企業をマッチングしていたのですが、今後は統計的に正しいマッチングを実施できると思われるため、現在よりさらに最適なサービスとして精度が高くなると思われます。

 

ビックデータの導入は、転職エージェント各社の製品力向上を狙った設備投資となるので、ユーザーとしてはお金を1円も払わずにビックデータの恩恵を受ける事ができます。

 

これまでの勘と経験頼みのマッチングでは、どうしても担当CA(キャリアアドバイザー)の能力に左右されがちでしたが、今後はビックデータの統計データを元にCAがコンサルティングしてくれるため、能力の底上げ効果が期待できます。マッチング能力が低いCAに当たってしまったとしても、ベースで動いてるビックデータがあるため検討違いの求人を紹介される事が少なくなると思われます。

 

いくらビックデータが普及したとはいえ、2014年も引き続きCAの勘と経験が重要なファクターで
あり続けると考えられるため、良いCAと巡り合う事は転職活動を有利に進める際に必要不可欠であります。優秀なCAでとの出会う可能性を高める意味でも、大手系は全て登録して使い分けがお勧めです。

 

2013年時点で、大手各社ではビックデータを導入が進んでます。今後転職エージェント経由での雇用のミスマッチが大幅に軽減される事が期待できます。
今後も転職業界のビックデータの情報には目が離せません。新しい情報が入ってきたら随時当サイトでご紹介させていただきます。

 

まとめ
ビックデータ活用によりミスマッチの軽減が期待できますが、2014年はまだまだCAの能力が重要です。

 

 

トップページに戻る